現在位置 :トップページ陳情の詳細情報 › 改憲手続き法案にかかわる陳情

陳情の詳細情報

陳情19第6号 改憲手続き法案にかかわる陳情

受理番号 陳情19第6号 受理年月日 平成19年2月28日
委員会付託日 付託委員会
委員会審査日 審査結果
議決年月日 議決結果
陳情19第6号
  改憲手続き法案にかかわる陳情

請願・陳情第6号
 平成19年2月28日受付

 つくば市議会議長
     久保谷 孝 夫 様

                     陳情者 住所 **************
                         氏名 ****************
                              ***********
                               **********


                  改憲手続き法案にかかわる陳情

【陳情の趣旨】
 自民・公明両党は、2006年5月26日、「日本国憲法の改正手続に関する法律案」(以下改憲手続き法案という)を国会に提出、第 166回通常国会において成立をめざしています。
 今回の改憲手続き法案を制定する動きは、2005年の自民党の新憲法草案決定、民主党の憲法提言発表に見られるように、日本国憲法第9条を改定して、日本をアメリカとともに海外で「戦争する国」に変えることと一体と言わなければなりません。
 自公両党の改憲手続き法案は、公務員・教育者の国民投票にかかわる運動の禁止、改憲派に都合のよいマスコミの利活用、国会の憲法改正の発議から最短で60日後の国民投票という国民が十分に内容を知ることへの制限、最も少ない賛成で憲法改正が成立することになる有効投票の過半数という成立要件など、重大な問題点があります。
 国の基本法である憲法を変えるかどうかについては、主権者である国民が自由に議論し運動することを保障するのが当然であり、欧米諸国ではこのような規制はありません。
 改憲手続き法案に関する各種世論調査では、国民の多くが内容を知っておらず、また制定を急ぐ必要はないと回答しています。改憲手続き法案は単なる手続きにとどまらず、憲法改正の在り方に深くかかわってくるものであり、国民の十分な理解が前提です。改憲手続き法案の成立を急ぐことは、法案の問題点を国民が理解しないうちに強行しようとするものであり、大問題です。
 私たちは、21世紀を日本国憲法が掲げる平和、人権、民主主義の理念が世界で花開く時代にしたいと願っており、この憲法理念の破壊に道を開く改憲手続き法案には反対です。
 こうした趣旨から、下記事項について、地方自治法第99条にもとづいて、政府に対する「意見書」を提出していただくよう陳情するものです。
                        記
【政府へ要望していただきたい事項】
 1、憲法改悪に直結する改憲手続き法案を廃案にすること。
                                             以 上
Copyright(c) 2009- つくば市議会 Tsukuba City Council. All Rights Reserved.