現在位置 :トップページ請願の詳細情報 › 県立つくば養護学校(仮称)建設予定地付近の県道土浦・大曽根線から学園東大通り線間に新設の進入道路を早期に開設する請願書

請願の詳細情報

請願18第14号 県立つくば養護学校(仮称)建設予定地付近の県道土浦・大曽根線から学園東大通り線間に新設の進入道路を早期に開設する請願書

受理番号
請願18第14号
受理年月日
平成18年5月17日
付託委員会
都市建設常任委員会
委員会付託日
平成18年6月9日
審査結果
採択すべきもの
委員会審査日
平成18年6月14日
議決結果
採択
議決年月日
平成18年6月19日

内容

請願18第14号
  県立つくば養護学校(仮称)建設予定地付近の県道土浦・大曽根線から学園東大通り線間に新設の進入道路を早期に開設する請願書

△請願・陳情第14号
請願・陳情第14号
 平成18年5月17日受付

 つくば市議会議長
     久保谷 孝 夫 様

                           請願者  氏名 **************
                                    *********
                                住所 *********

                           紹介議員 金 子 和 雄


         県立つくば養護学校(仮称)建設予定地付近の県道土浦・大曽根線から
            学園東大通り線間に新設の進入道路を早期に開設する請願書

 平素より障がい児・者の福祉や教育に関しての取り組みでは、ご高配をいただきましてありがとうございます。
 私たち団体は、市内に居住する障がいを持つ者、親として支えている者同士が障がいの違いを乗り越え、17団体で障がい者福祉の向上を願い連絡協議会(1988年結成)を構成し協力して活動を進めています。最近の活動では、2月定例会で市原健一市長と連絡協議会の役員との懇談会が開催されるなどしています。
 さて、かねてより多くの障がい児や保護者が建設を待ち望んでいた県立つくば養護学校(仮称)が、つくば市玉取地区に平成19年4月の開校予定で関係者の協力を得て工事が進行中であり、誠に喜ばしいことであります。
 現在、障がい児・者に対する教育、福祉においても特別支援教育・障害者自立支援法など制度も大きく変わろうとしている時期であり、つくば市に建設される養護学校は地域の障害児教育、福祉の拠点となる場所として期待されております。
 このような事から、開校に伴いスクールバスや送迎車両等交通量の増加が予想されます。当初の予定では、学園東大通り線と県道土浦・大曽根線間に新設道路が開通することを聞いておりましたが今だに未開通であります。
 つきましては、養護学校通学生や地域住民、隣接施設などの交通環境を改善するために、また、自力で路線バスや自転車で登校する生徒のためにも早い時期からの安全な交通手段の確保をお願いし、以下の事柄について請願をいたします。

【請願項目】
1.県立つくば養護学校(仮称)建設予定地付近の県道土浦・大曽根線から学園東大通り線間に新設の道路を早期に開通させていただきたい。
  (付近地図添付)

Copyright(c) 2009- つくば市議会 Tsukuba City Council. All Rights Reserved.