現在位置 :トップページ請願の詳細情報 › 請願の詳細情報

請願の詳細情報

請願16第25号 「WTO・FTA交渉」に関する請願書

受理番号 請願16第25号 受理年月日 平成16年11月16日
委員会付託日 平成16年12月16日 付託委員会 環境経済常任委員会
委員会審査日 平成16年12月20日 審査結果 採択すべきもの
議決年月日 平成16年12月24日 議決結果 採択
請願16第25号
  「WTO・FTA交渉」に関する請願書

△請願・陳情第25号
請願・陳情第25号
 平成16年11月16日
つくば市議会議長 様

           「WTO・FTA交渉」に関する請願書

請願者
 住 所 ************
 団体名 ******************
 会 長 ** *******
 紹介議員 今井  孝

請願の趣旨
 WTO(世界貿易機関)交渉は、8月1日に、今後の交渉の前提となる大枠合意がなされました。農業分野の市場アクセス、国内支持、輸出競争について具体的数値などは、今後の交渉に委ねられました。
 しかし、アメリカや農産物輸出国からは依然として、上限関税の設定や、高関税品目の大幅引き下げ、関税割当数量の大幅拡大などが要求されています。
 これは、農産物輸出国がますます輸出を拡大しやすくするためのものであり、日本農業への打撃はもとより、食料の安全・安定・環境などにも影響を与えるものです。
 また、アメリカなどが行っている国内農家への手厚い補助や、輸出補助政策について、大枠合意では実質的削減に結びつかないものとなっており、途上国などから反発が高まっています。このような公平さを欠いた交渉を是正し、地球規模での食料・環境問題を解決するため、各国が自国の生産資源を最大限活用し、共生・共存できる「新たな農産物貿易ルール確立」が求められています。
 また、FTA(二国間自由貿易協定)については、現在、韓国、マレーシア、フィリピン、タイとの交渉が行われていますが、特に東南アジア各国からは農産物の貿易自由化が求められています。先のメキシコとのFTA交渉でも見られたように、工業製品の輸出自由化のために、農業分野が大幅な譲歩を強いられ、食料や農業は大きな影響を受けることになるのは必至です。
 私たちは、WTOおよびFTAにおける農業分野の交渉にあたって、農業の多面的機能の発揮と食料の安全保障、各国の農業の共存と食料自給向上が可能な貿易ルールの実現を強く求めています。
 つきましては、貴議会におかれまして、地方自治法第99条の規定に基づき意見書を政府関係機関に提出いただくとともに、請願内容の実現に向けて、働きかけをお願い致します。
 請 願 事 項
1.WTO農業交渉では、世界的な飢餓の拡大や地球規模での環境悪化につながることのないよう、農林水産業の多面的機能の発揮や食料自給の向上、各国の多様な農林水産業が共生・共存できる貿易ルールに改めるよう確固たる姿勢で臨むこと。
2.上限関税の設定や関税割当数量の一律的・義務的拡大には断固反対すること。
3.国内農林水産業の維持を可能とする関税率水準や国家貿易体制、特別セーフガードの維持など国境措置を確保し、急速な市場開放には絶対に応じないこと。
4.行き過ぎたAMS(助成合計量)消滅の是正と、「緑の政策」の要件緩和など国内支持政策に関する適切な規律を確保すること。
5.東南アジア諸国とのFTA交渉では、農林水産物の関税撤廃・削減は、国内農業への打撃を与え、WTO農業交渉や他国との交渉に重大な影響を与えることから、絶対に行わないこと。
6.WTO・FTA交渉についての情報公開を徹底し、各国の農業者や消費者・市民の声を反映すること。
                                        以上
Copyright(c) 2009- つくば市議会 Tsukuba City Council. All Rights Reserved.