現在位置 :トップページ請願の詳細情報 › 若栗・中山・鷹野原地区内道路の通行車両が激増したことに関する請願書

請願の詳細情報

請願19第8号 若栗・中山・鷹野原地区内道路の通行車両が激増したことに関する請願書

受理番号
請願19第8号
受理年月日
平成19年5月28日
付託委員会
都市建設常任委員会
委員会付託日
平成19年6月17日
審査結果
採択すべきもの
委員会審査日
平成19年6月18日
議決結果
採択
議決年月日
平成19年6月21日

内容

請願19第8号
  若栗・中山・鷹野原地区内道路の通行車両が激増したことに関する請願書

請願・陳情第8号
 平成19年5月28日受付

 つくば市議会議長
     久保谷 孝 夫 様

                      請願者  ********
                            ****
                             住 所 **********
                             氏 名 *******
                            *****
                             住 所 **********
                             氏 名 *******
                            ****
                             住 所 **********
                             氏 名 *******
                                       外 574名

                      紹介議員 星 田 弘 司
                           柳 田 理 則
                           高 野   進


        若栗・中山・鷹野原地区内道路の通行車両が激増したことに関する請願書

1 件 名
  若栗・中山・鷹野原地区内道路の通行車両が激増したことに関する請願書

2 内 容
  県道谷田部牛久線の若栗地区から国道 408号線の高野台地区に抜ける市道1−67号線、6−2076号線は、平成16年までは中山地区、鷹野原地区、若栗地区住民の生活道路として安心して使用されてきました。
  しかしながら、平成17年の小森コーポレーション(株)つくば工場(つくば市中山 203−1)が操業を開始してからは、当工場に勤務する人たちの通行車両が激増し、特に、朝の通勤時間帯は小中学生の通学や住民の朝の活動(ゴミ出しなど)と重なるため、交通事故の危険性が非常に高い道路となってしまいました。
  この現状を解消するための方策として、当該市道の付け替え道路として設けられた市道6−2293号線(小森 コーポレーション敷地内道路)を県道谷田部牛久線まで延長させることにより、当該市道を小森コーポレーション(株)つくば工場に勤務する人たちが通勤道路として使用することを強く願うものであります。
  なお、喫緊の方策として、現在の道路を「制限速度40キロメートル」に規制するとともに「速度落とせ」、「徐行」などの看板・標識及び路面標示の設置をお願いいたします。
  このように交通事故の危険性が高まり、不安感が広がる中にあって、従前のように住民が安全かつ安心して 日常生活が送れるような道路とするため、以上の事項について速やかに実現されますよう署名を添えて請願します。

Copyright(c) 2009- つくば市議会 Tsukuba City Council. All Rights Reserved.