現在位置 :トップページ請願の詳細情報 › 後期高齢者医療制度の中止・撤回を求める請願書

請願の詳細情報

請願19第16号 後期高齢者医療制度の中止・撤回を求める請願書

受理番号
請願19第16号
受理年月日
平成19年11月20日
付託委員会
文教福祉常任委員会
委員会付託日
平成19年12月14日
審査結果
不採択とすべきもの
委員会審査日
平成19年12月17日
議決結果
不採択
議決年月日
平成19年12月21日

内容

請願19第16号
  後期高齢者医療制度の中止・撤回を求める請願書


請願・陳情第16号
 平成19年11月20日受付

 つくば市議会議長
     久保谷 孝 夫 様

                      請願者  住所 ***********
                           氏名 *************
                                     *******
                           住所 ***********
                           氏名 *******
                           住所 *************
                           氏名 ************
                                *******

                      紹介議員 滝 口 隆 一


              後期高齢者医療制度の中止・撤回を求める請願書

【請願趣旨】
 政府は2006年6月、医療保険制度の大改定を強行し、2008年4月から後期高齢者医療制度の施行が予定されています。
 75才以上の人を「後期高齢者」と呼んで他の世代から切り離し、際限の無い負担増と差別医療を押し付ける世界で例を見ない異常な制度が導入されようとしています。
 この法律の施行を前にして、政府自ら施行の延期・凍結を表明していますが、一時期の凍結は問題の先送りに過ぎません。
 年を取れば、誰でも病気を抱えることは明白なことです。高齢者は医療費を多く必要としているとの理由で、高齢者だけを別建ての医療制度にまとめ、保険料・医療給付を別扱いにし、国の医療費負担の削減をはかろうとする事は、高齢者を邪魔者扱いする不当な措置であり、納得することができません。
 金持ちは、治療が受けられ、貧しいものは保険証も発行してもらえない等の現象は許されるものではありません。ことは生命に関する重大問題です。
 来年4月からの施行を前に、「後期高齢者医療制度」の中止と同法の撤回を求め、次の事を請願します。

【請願事項】
 国へ「後期高齢者医療制度」の中止・撤回を求める意見書を提出すること。

Copyright(c) 2009- つくば市議会 Tsukuba City Council. All Rights Reserved.