現在位置 :トップページ › 会派代表質問・一般質問一覧要旨

会派代表質問・一般質問一覧要旨

会議名 平成28年 3月定例会
質問日 平成28年3月7日
区分  (会派代表質問)
議員名 北口ひとみ
(つくば・市民ネットワーク)
 会議録を表示
1 3期12年を振り返って(1ページ)
 市長就任10年の節目でもあった一昨年に着手された(仮)つくば市総合運動公園整備事業は、昨年、市民からの直接請求による住民投票で反対8割という結果が出ました。また、住民投票に先駆ける形で、平成27年度当初予算の議決では、関連予算を削除しました。この結果は、つくば市の事業の進め方に対する市民の批判であり、市原市政に対する厳しい評価ともいえます。
 事業化にあたり市民への情報公開と共有、意見聴取など政策立案時からの市民参加・参画の不十分さを指摘せざるを得ません。この経験を踏まえ、市政運営について市民参加や情報提供の視点も含めどのように進めるか、考えを伺います。
2 市政運営の基本方針について(3〜4ページ)
(1)国の打ち出した「三本の矢」による好循環の実現のために「社会保障と税の一体改革」が掲げられています。消費税率引き上げに伴う対応について「増税分は全額社会保障制度充実のために充当する」とされていますが、つくば市ではどのように充当されるのかお聞きします。
(2)「つくばの持つポテンシャルを最大限に引き出し〜地域経済の活性化と市民生活の質の向上を両立させたい」とありますが、つくばの持つポテンシャルとはどのような点とお考えか見解を伺います。
(3)つくばの課題を、どのようにとらえているか。優先順位の高い課題を5つお聞かせください。
3 「人をつなぐ」について(4ページ)
(1)効果的シティプロモーションを展開するには、何を売りにし、誰に売るのかが重要なポイントと考えます。つくばの売りと対象についてどのようにお考えですか。
(2)H25年度には、シティプロモーション強化のために民間経験者を採用し力を入れてきたが、どのような成果が得られたか具体的にお聞かせください。
4 「地域をつなぐ」について(5ページ)
(1)旧市街地と新市街地を公共交通ネットワークでつなぐ方法として、これまでつくバス・つくタク運行事業の充実に力を入れてきております。
   一方、昨年末にはつくば市、下妻市、桜川市、筑西市の4市で広域連携を検討する協議会が設立されました。今年度、どのような公共交通網の整備拡充体制をお考えか伺います。
(2)広域連携の対象として、県西地区3市としたのか理由を伺います。
5 「未来へつなぐ」について(5〜6ページ)
(1)つくば市が施策としてどのように市内の研究成果を活用しようとしているのかお聞かせください。
(2)これまでに取り組んできた国際戦略総合特区について、これまでの成果と課題について伺います。
(3)「つくばイノベーション・エコシステム」の詳細を伺います。
6 予算について(6ページ)
 中根・金田台の歴史緑空間については約52ha中の16haを買い取り中ですが、残り約36haについても33年度までに取得することになっています。中長期財政見通しにはどのように示されていますか。
7 主要施策について(7〜15ページ)
(1)「教育日本一を目指して」取組が進められていますが、貧困による教育格差の課題は深刻です。今後、どのように取り組まれるのか見解を伺います。
(2)「上下水道事業の推進」は水道料金値上げも含むのか。
(3)「MICE誘致の強化」について詳細をお聞かせください。
Copyright(c) 2009- つくば市議会 Tsukuba City Council. All Rights Reserved.