現在位置 :トップページ › 会派代表質問・一般質問一覧要旨

会派代表質問・一般質問一覧要旨

会議名 平成28年 6月定例会
質問日 平成28年6月21日
区分  (一般質問)
議員名 北口ひとみ
(つくば・市民ネットワーク)
 会議録を表示
1 竹園ショッピングセンター周辺の再開発について
 竹園ショッピングセンター周辺の再開発については、今年、11月までに再構築案を検討し、着手するかどうか決めたいとのことです。
 今年1月・2月で竹園東中学校区を対象とした市民ワークショップが開催され、コーディネーターの先生から大変丁寧なご報告とともに、提案もいただいているのをつくば市HPで拝見しました。
 ただ、つくば市域を対象とする市民ワークショップ予定についてはつくば市HPに掲載されてはいますが、未だお知らせがありません。「その後どうなっているのか、11月という期限を決めているようなので時間切れで議論ができなくなるのではないかと不安がある」とのお声が届いています。そこで下記を伺います。
(1)進捗状況
(2)先に行われた市民ワークショップやご意見箱での意見
(3)今後のスケジュール
2 筑波地区小中学校統合後の学校跡地利用について
 (仮)秀峰筑波義務教育学校の開校と同時に筑波地区の小中学校は、順次廃校になるため、現行の学校施設開放はなくなるとのことです。体育施設の市民利用の予約は筑波東中学校区については平成29年3月まで、筑波西中学校区については平成30年3月までを予定とされています。
 「利用施設が使えなくなると困る、地元は跡地活用に期待しているが、どうなるのか」などの声が出ています。
 閉校まで早い地区ではあと9か月足らずです。今後、学校跡地の活用方針をどのように決めていくのか、現時点ではどのように進められ、今後どのように進めるのか伺います。
(1)現状(利用している団体数、延べ人数、曜日など)および学校施設開放廃止のスケジュールについて
(2)利用者や地元からの要望
(3)地域住民への周知
(4)地区別の懇談会・意見交換会の予定
3 総合計画と事業の進め方について
 地方自治法改正により各自治体の総合計画策定の義務付けがなくなりましたが、つくば市のまちづくりは平成28年度から21世紀半ばまでを見据え「つくば市未来構想」が策定され、直近の5か年については「戦略プラン」が策定されております。
 しかしながら、これまでの総合計画〈基本計画〉同様に、何を優先的に取り組むのか、財政計画はどのようになっているのか、市民参加はどのように保証されるのかは不明なままです。
 また、昨年の住民投票で基本計画が白紙撤回になった総合運動公園整備事業は、先の第3次総合計画〈後期基本計画〉では「整備について検討する」と明記されておりました。
 にもかかわらず、土地購入や基本計画策定まで一気に進められた経緯を考えますと、突発的に計画が前倒しになったり、計画に明記されていない事業が急浮上した感は否めません。
 このような状況をふまえ、以下についてお聞きします。
(1)今回の戦略プランに財政計画を入れなかったのは何故ですか。
(2)事業着手の手続きについて現状はどのようになっていますか。
(3)市民参加を進めるために今後どのような改善を考えているか。
4 教育委員会について
 現在「第2期つくば市教育プラン」のパブリックコメント中ですが、今回の懇談会メンバーに教育委員は入っておられません。
 このプランは本市の教育に関する基本理念や取り組みの方針をうたったものですので、今回の策定に当たり懇談会に入らない場合、教育委員会ではどのような議論がされたのか大変関心の高いところです。
 また、5月に教職員の懲戒免職処分が新聞報道され、現場における再発予防について、どのような検討や指導が行われたのでしょうか。直近で開かれた定例教育委員会を傍聴しましたが、この件について報告や意見交換はありませんでした。
 そこで、以下を伺います。
(1)定例教育委員会以外に開催された臨時会(平成26年度〜現在まで)の内容
(2)第2期つくば市教育プランに関する意見や議論
(3)今回の懲戒免職処分を踏まえ、再発予防などについての報告や意見
Copyright(c) 2009- つくば市議会 Tsukuba City Council. All Rights Reserved.