現在位置 :トップページ › 会派代表質問・一般質問一覧要旨

会派代表質問・一般質問一覧要旨

会議名 平成29年 3月定例会
質問日 平成29年3月6日
区分  (会派代表質問)
議員名 滝口隆一
(日本共産党)
 会議録を表示
1 2017年度予算案の特徴について
(1)市税と補助金と起債を加え60億円の仕事を増やしたことについての市長の考えをお聞きします。
(2)予算案にある、リサイクルセンター建設とクリーンセンター改修について、市民負担を抑える努力があるように見えるが、その状況について述べていただきたい。
(3)国保の国からの新たな補助金について、3億9千万円入っているが、市民負担軽減にまわすべきと思うが見解をお聞きします。
(4)土木費減の理由について、市民から要望の強い道路整備なのに、道路橋梁費が10億円も減、その理由と今後の方針についてお聞きします。
2 市長の所信表明について
 入札制度の改変をするとのことについて
(1)その内容と必要性について
(2)制度の改変に当たっては、市民的議論や業者団体との対話が必要と思うが。
(3)入札は100%の制度はない。2年ぐらいで検証してはどうか。
 以上お聞きします。
3 上水道予算案について
 審議会答申の新年度取り組みに当たって
(1)100メートル以下の地下水を資源として利用すべきでは
(2)簡易水道を資源の有効利用として見直すこと
(3)簡易水道は水源の複数化になり、災害リスクを減らすのでは
(4)簡易水道の運営補完のための職員配置と上水道課との連携、および補助金増額を
(5)簡易水道の実態調査
(6)大企業などの地下水利用に、規制と賦課金徴収は
(7)黒字の県水道に供給料金値下げの要請
 以上お聞きします
4 機構改革案について
 上下水道と環境の統合は仕事が集中過ぎないか、見解をお聞きします。
5 教育予算の運用について
(1)門脇教育長は教育行政をどのように行っていくのか基本をお聞きします。
(2)中学校のクーラー設置前倒しを
(3)学校給食センター設計費が組まれているが、そのまま進めるのか
 以上お聞きします。
6 市長の公約から
 新編「新エネルギービジョン」を考えていくべきではないか
7 東京事務所について
 必要性について、市の考えをお聞きします。
8 地域担当部局について
 机を置くだけでなく、地域を歩き、市民と対話すべきと思うが、どういうイメージを考えているかお聞きします。
9 行政の見える化について
(1)行政情報公開室の設置を考えていかないか
(2)コンサル発注の成果物の公開を
(3)各種審議会の市民公募委員選任を
 以上見解をお聞きします。
10 市長の政治姿勢について
 市長として県に要望しないか
(1)沿線開発に県立高校の誘致を
(2)総合体育館の誘致を
(3)東海発電の廃炉を求めないか
(4)自主避難者に市としての支援策は
 以上見解をお聞きします。
Copyright(c) 2009- つくば市議会 Tsukuba City Council. All Rights Reserved.