現在位置 :トップページ › 会派代表質問・一般質問一覧要旨

会派代表質問・一般質問一覧要旨

会議名 平成29年 3月定例会
質問日 平成29年3月6日
区分  (会派代表質問)
議員名 須藤光明
(つくば市民政策研究会)
 会議録を表示
1 市政運営の所信について(骨子も含む)
  平成29年度市政運営の所信について伺います。
(1)はじめにの事項中、つくば市には多くの課題がある。正解のない時代に市民第一の視点で対話を積み重ねて方向性を決めていく。とありますが「正解のない時代に」とは、どのようなことか。
(2)世界の明日が見えるまちの中で世界の人々が解決策を模索している課題に対して「つくば市民の知恵と努力で解決された事例がたくさんある」とありますが、数多くの「つくばモデル」やそれによる「世界の明日がみえるまち」として、市長として具体的な考えを伺います。
2 安心の子育てについて
 安心の子育ての中で待機児童をなくすため、施策整備を進めるとともに、保育士の確保にも力を注いでいく。そのために民間保育士一人当たり月額3万円の補助による処遇改善を行う。とありますが、その内容と制度化について市長の考えを伺います。
3 未来を担うこどもを育てる教育について
 未来を担うこどもを育てる教育の中で「学力から社会力へ」を提唱し、「社会力」を伸ばす取組を、強く進めるとありますが、具体的な内容を伺います。
4 市民と地域に寄り添い、ヴィジョンを描くについて
(1)市民と地域に寄り添いヴィジョンを描くの中で合併前の各地区に「(仮称)相談センター」を設置し、様々な要望を受けられる仕組み、あわせて、「(仮称)周辺市街地振興室」を設置します。とありますが、具体的な業務内容について伺います。
(2)公共交通体系の見直しを進め「車がなくてもどこにでも行けるまち」を実現するため、とありますが、つくば市は広く、今後益々高齢化が進みます。実現すればすばらしいまちとなりますが、具体的な市長の考えを伺います。
5 筑波研究学園都市の使命を果たすためについて
 筑波研究学園都市の使命を果たすための中で、科学技術と情報を市民の生活の向上に活かす取組を進めるために「政策イノベーション部」を設置し、既存の政策に変化をもたらすとありますが、行政組織の中で、横断的に推進することは、まちづくりを進める上で大なる事と思いますが、具体的な市長の考えを伺います。
6 行政運営の見える化について
 行政運営の見える化の中で、つくば市総合運動公園事業検証委員会の検証結果を通して、市政運営の指針とし、行政運営の適正化、透明性の向上を図っていきます。とありますが、行政運営の見える化について、市長はどのように考えているのか見解を伺います。
7 平成29年度予算の概要について
 平成29年度予算の概要について伺います。
  一般会計 876億7,200万円
  特別会計 465億8,401万6,000円
  水道事業会計 71億9,339万円
 合計 1,414億4,940万6,000円となっております。
 このうち一般会計は前年度当初予算との比較60億5,800万円、7.4%の増となっております。
 歳入面では、市税の増加が続き、地方交付税の増、国庫支出金、県支出金の増があり、市民が真に求めている重点的施策に対しての予算編成となっていると考えます。
 歳出面では、費用対効果を旨とし適格なる執行をお願い致します。本年度の予算の中で財政調整基金への積立ても予算化されました。昨今、いつどこで災害が発生するかわかりません。これに早急に対応できる様、更なる財政調整基金への積立てが大切であると思いますが、市長の考えを伺います。
Copyright(c) 2009- つくば市議会 Tsukuba City Council. All Rights Reserved.