現在位置 :トップページ › 会派代表質問・一般質問一覧要旨

会派代表質問・一般質問一覧要旨

会議名 平成29年 9月定例会
質問日 平成29年9月5日
区分  (一般質問)
議員名 木村修寿
(統一会派 つくば政清会・民進党の会)
 会議録を表示
1 (仮)つくばスマートICについて
 国土交通省は7月21日、スマートICの新設について、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)つくば中央ICと常総IC間の県道つくば真岡線と圏央道の交差する地点に(仮)つくばスマートICを設置すると発表しました。昨年の5月に準備段階調査箇所に選定され、国と市が事務局となって関係機関で構成する準備会の開催、10月には市として地元区長会等に説明会の開催をして頂きました。市では関係機関と連携して道路整備計画の検討、設計等を進め、地区協議会の開催。そこで決定された計画書を国やネクスコ東日本に提出し、今回新規事業化に選定されたと思います。今後使用開始までどのようなことを行っていくのか、改めてお尋ね致します。
2 西谷田川の河川整備について
 県道野田牛久線の上岩崎橋から県道土浦坂東線の睦橋までの約13kmの現在の進捗状況と今後の見通しについて、お尋ね致します。
3 道路行政について(市道1−62号線)
 市道1−62号線は、高山中学校へ通学する生徒の通学道路です。高山中学校下から圏央道の橋梁隧道までの約200mについては、整備されていません。
 今後の見通しについて、お尋ね致します。
4 国民健康保険について
 国民皆保険を将来にわたって守り続けるため、平成30年4月から県と市町村が共同で運営する制度に改正されます。制度改正の主な内容は、県が財政運営の責任者となり、保険給付に必要な費用を市町村に全額支払いする。また、被保険者証の発行、保険給付、保険税率の決定、保険税の賦課徴収などの事務は市町村が行い、国が、国民健康保険制度に対し、財政支援を行うことです。今回の制度改正により、一般会計からの法定外繰り入りは解消されるのか、お尋ね致します。
Copyright(c) 2009- つくば市議会 Tsukuba City Council. All Rights Reserved.