現在位置 :トップページ › 会派代表質問・一般質問一覧要旨

会派代表質問・一般質問一覧要旨

会議名 平成29年 12月定例会
質問日 平成29年12月5日
区分  (一般質問)
議員名 小野泰宏
(公明党)
 会議録を表示
1 Society5.0社会実装トライアル支援事業について
 経済産業省は、2017年5月、第4次産業革命(IoT、ビックデータ、AI、ロボット等による技術革新)へ的確に対応するための「新産業構造ビジョン」を取りまとめました。同ビジョンで目指すべき将来像とされているのがSociety5.0です。
 Society5.0とは、狩猟・農耕・工業・情報社会に続く、人間中心の「超スマート社会」とも訳され、データと技術が統合された、暮らしやすい社会を目指すことを意味します。
 このような中で、つくば市が、この度決定した「Society5.0社会実装トライアル支援事業」について、その事業の概要、採択者・支援事業、今後の展開について伺います。
2 産業振興、産業創出支援、企業誘致推進について
 地方創生の観点からも重要な産業振興、産業創出支援、企業誘致について、以下の点について伺います。
(1)「創業支援事業計画」の進捗状況と課題
(2)つくば市産業振興センターの活用状況
(3)今後の産業振興、産業創出支援、企業誘致についての考え・取り組み
3 周辺市街地振興と地域経営について
 先ごろ、周辺市街地振興に向けた取り組み方針が作成されました。課題を多角的に捉えて、「自立できる地域」を目指すための取り組みに期待したいと思います。
 また、そのためには、6月議会でも取り上げましたが、「地域振興の本質は、交流の再生にある」との観点から、地域政策や地域内消費・循環の視点が重要になってくるものと考えます。そのようなことから、以下の点について伺います。
(1)周辺市街地についての現状認識と課題
(2)今回の取り組み方針の理念と着眼点
(3)今後の取り組み内容とスケジュール
4 つくば市まち・ひと・しごと創生総合戦略について
 平成29年度は、5年間の総合戦略の中間年にあたります。戦略の着実な推進のためには、適切なマネジメント・検証が必要です。
 中間年にあたり、全体の進行状況の観点から、今回見直した「数値目標・重要業績評価指標」(KPI)の内容とその理由について伺います。
5 防犯カメラの設置について
 地域の安全安心のためにという観点から、以下の点について伺います。
(1)市内における防犯カメラの設置状況と課題、今後の取り組み
(2)スーパー防犯灯の現状と課題
(3)市内における国体会場への設置状況
Copyright(c) 2009- つくば市議会 Tsukuba City Council. All Rights Reserved.