現在位置 :トップページ › 会派代表質問・一般質問一覧要旨

会派代表質問・一般質問一覧要旨

会議名 平成30年 6月定例会
質問日 平成30年6月20日
区分  (一般質問)
議員名 北口ひとみ
(つくば・市民ネットワーク)
 会議録を表示
1 中心市街地のまちづくりについて
 TXつくば駅周辺の中心市街地の再構築については、最重要課題と位置付けられ、課題やコンセプト共有を目指し、目下「つくば中心市街地まちづくりヴィジョン」の策定が進められております。
 また、閉店中のクレオについては、市民の関心も高く、「今後どうなるのか、市はどうするつもりか」と市民からの問い合わせも多々届いているところです。
 さらに、中心市街ではマンション建設が進んでおり、特に、竹園西小学校地区では、2015年に3棟約300戸のマンションが建設され、児童数の急増により、普通教室は満杯の状況です。同学区内では、現在2か所のマンション建設の予定があり、うち1か所は、平成32年4月に竣工予定で約330戸が建設中です。このままでは、学校や近隣保育所の過密が予測され、良好な学習環境・保育環境が維持されなくなるのではと懸念されます。近年マンション建設に当たり、都内では、良好な住環境の整備促進の観点から、建設に当たり一定の条件を加えた条例改正が行われています。また、分譲の場合、将来的に空洞化が起こることも予測されます。
 今後も中心市街地内には、国家公務員宿舎跡地にマンションが建設される可能性があり、保育や学習環境への影響および持続可能なまちづくりの誘導について工夫が必要と考えています。
 以下についてお聞きします。
(1)「つくば市中心市街地まちづくりヴィジョン」のパブリックコメント
  ア 寄せられた主な意見(件数と内容)
  イ 市民との共有の進め方
(2)「つくば市まちづくりシンポジウム」への参加者及び意見
(3)クレオについて
  ア 現状
  イ 市の取組や検討状況
  ウ 今後の進め方(スケジュール、具体的な取組)
(4)相次ぐマンション建設により、保育や学習環境へ影響が生じたり、将来的に空洞化が起こると考えるが、持続可能なまちづくりの誘導についての市の考え
(5)研究学園駅周辺との棲み分けの考え方
2 新設義務教育学校の通学路の安全確保
 新設された義務教育学校3校については、通学路の安全対策は緊急の課題であったと思われ、対応を進めていただいています。
 しかし、実際に通学が始まり、想定されていなかった問題も生じているケースもあるようですので、以下をお聞きします。
(1)開校前の課題についての対応状況
(2)開校後の各学校からの報告や要望
(3)今後の取組
Copyright(c) 2009- つくば市議会 Tsukuba City Council. All Rights Reserved.