現在位置 :トップページ › 会派代表質問・一般質問一覧要旨

会派代表質問・一般質問一覧要旨

会議名 平成31年3月定例会
質問日 平成31年3月4日
区分  (一般質問)
議員名 木村清隆
(つくば政清会)
 会議録を表示
1 業務委託契約について
 市が発注する業務に関わる労働者の、処遇諸内容を明確にし、管理指導することで、いわゆる官製ワーキングプアをなくし、労働者の生活を豊かに向上させ、公共サービスの質の向上と共に、適正な競争で地域経済の活性化を目指すことについて、市の考えを詳細に伺います。
(1)公契約条例に関する市の考え
(2)市が発注する業務に関わる労働者の、労働条件等に関しての調査・分析・対応・指導の現状と、今後の考え
(3)市が発注する業務に関わる労働者の、賃金のほか、社会保険・退職金・病気等休業・有給休暇取得等、制度の横断的労働環境の管理指導に対する考え
(4)市が発注する業務に関わる労働者の、働く環境向上と公共サービスの質の向上に対する考え
(5)市が発注する業務に関わる労働者の、働く環境を考慮した競争により地域経済の活性化につながる入札条件を含めた市の考えについて
2 上郷高等学校跡地利活用について
 県立上郷高等学校(平成20年4月入学生を最後に募集停止、平成23年3月に廃校)跡地の利活用について、詳細に伺います。
(1)上郷高等学校跡地の利活用に関する「上郷高校跡地利活用方策に関する提言書」と、サウンディング型市場調査等の課題に対応するこれまでの取組について
(2)再利用不可の上郷高等学校建物等の解体計画について
(3)上郷高等学校跡地の利活用に関する今後の取組について
(4)上郷高等学校跡地に運動施設(陸上競技場・体育館・野球場・サッカー場等)を建設する考えについて
3 文化都市の取組について
 つくば市は、万葉の昔からといわれる事がありますが、更にさかのぼり縄文・弥生・古墳時代の古くから文化豊かな地域でした。そして、今日の最先端科学都市として世界に知られるに至りました。今こそ悠久の歴史を学び、今という時代を次に伝える責任があります。そこで、つくばの有形・無形・精神の文化を追求する「文化都市」としての以下の取組について、学校教育を含め伺います。
(1)伝統文化(有形・無形・精神)の取組
(2)つくば各地のお祭り
(3)文化財指定(国・県・市)の登録・管理・展示
(4)有形・無形・精神の文化を、学び伝え紹介(展示)し交流する(仮称)国際つくば文化都市交流館の設置
(5)つくばの(日本の)文化を学び、国際交流につながる、学校教育での取組
Copyright(c) 2009- つくば市議会 Tsukuba City Council. All Rights Reserved.