現在位置 :トップページ › 会派代表質問・一般質問一覧要旨

会派代表質問・一般質問一覧要旨

会議名 平成31年3月定例会
質問日 平成31年3月4日
区分  (一般質問)
議員名 鈴木富士雄
(つくば市政クラブ)
 会議録を表示
1 スポーツ施設について
 つくば市内には公式記録のとれる市の陸上競技場がないため、中学生の陸上競技大会(記録会)が開催できなく、他市の施設を利用せざるを得ない状況です。平成29年9月の一般質問において「スポーツ振興に関する経費に、陸上競技場整備検討支援業務委託料」を計上し、陸上競技場の整備について調査検討を行うと答弁がありました。
 そこで以下について伺います。
(1)調査検討の結果はどのようになりましたか。
(2)「今後も市民や議会等の意見を伺いながらスポーツ環境の更なる充実に取り組む」とのことですが、今後どのような取組を行っていきますか。
2 筑波地区の小中学校跡地の利活用について
(1)市長公約の58にある「廃校跡地を利用し、地域の農家が食材を提供するファーマーズビレッジの設立」について、市長公約ロードマップの進捗状況ではA評価になっております。
   平成30年9月定例会の一般質問において、事業手法は公募型により、民間を活用した手法を考えていますとの答弁がありました。
   そこで以下について伺います。
  ア 公募により民間業者の応募はありましたか。
  イ 事業の進捗状況
(2)市長公約の76にある「廃校跡地を利用し、地域の郷土史、郷土品や歴史文書など集めた「つくば郷土・公文書館の設置」ついては、平成31年3月に「つくば市文化財保存活用計画」策定される予定と伺いました。
   そこで以下について伺います。
  ア 予定のとおり平成31年3月に策定されますか。
  イ 膨大な出土品の数々、古文書や民具そして文化財の収蔵等があり、かなりのスペースが必要になると感じます。公約にありますように、これらの文化財の保管施設は筑波地区小中学校廃校跡地を利用するお考えがあるのかお伺いします。
(3)筑波地区の小中学校に残る貴重品の保存については、平成30年9月定例会の一般質問において「各小中学校に調査依頼をして、その品目、数量、大きさ等については把握しました。その保存方法や場所について検討しています。」との答弁がありましたが、その後の取組の経過をお伺いします。
3 上水道について
 平成29年9月定例会において「つくば市水道給水条例の一部を改正する条例について」が可決され、平成30年4月1日から料金の改定が行われました。これにより水道事業の健全化と未整備地区への上水道の普及促進を図り、老朽施設への更新を実施していくということです。
 この新たな事業は平成30年から10年かけて未整備対策に110億円、老朽化した施設に80億円の事業を予定しているとのことです。
 そこで、北部低水圧区域について、今後の低水圧に対する工期、事業費、新設されるルートをお伺いします。
Copyright(c) 2009- つくば市議会 Tsukuba City Council. All Rights Reserved.