現在位置 :トップページ › 会派代表質問・一般質問一覧要旨

会派代表質問・一般質問一覧要旨

会議名 令和元年6月定例会
質問日 令和元年6月18日
区分  (一般質問)
議員名 鈴木富士雄
(つくば市政クラブ)
 会議録を表示
1 筑波地区の小中学校跡地の利活用について
(1)市長公約事業76の「廃校跡地を利用し、地域の郷土史、郷土品や歴史文書など集めた「つくば郷土・公文書館の設置」については、ロードマップに「つくば市文化財保存活用計画」策定の中で検討していくと記載されており、平成31年2月に、当該計画が策定されたところですが、そこで以下、伺います。
ア 保存場所として、小田小学校の利用を考えているようですが、住民からも様々な要望があったと思います。
 そこで、住民の方々と話し合いが行われたのか、その経過をお伺いします。
イ 膨大な出土品、数々の古文書、民具、文化財の収蔵には、かなりのスペースが必要になると感じますが、それらを収納する時期についての考えを伺います。
(2)筑波地区の小中学校に残る貴重品等の保存については、平成31年3月定例会の一般質問において「筑波地区の小中学校に残る貴重品には校旗、絵画、置物、寄贈ピアノなどがありますが、まずはそれらを集約することを考えています。保存場所については、跡地利用の進捗状況を見ながら廃校になった学校のうちの一つを選定したいと考えています。」との答弁がありました。
   そこで以下、お伺いします。
  ア 保管場所の選定は、進んでいるか。
  イ 集約する時期は。
  ウ これらの貴重品のほかに各廃校に残る備品等についてどのように考えていますか。
2 熱中症対策について
 夏場における屋内スポーツの施設内は、気温が高い、湿度が高い、通気性が悪いことなどにより熱中症にかかりやすいとされているが、次の事についてお伺いします。
(1)体育館その他の施設に熱中症対策をどのように指導、助言を行っているのか。
(2)熱中症になったときの対応は。
3 高エネ南側未利用地について
 平成31年3月20日に開催された全員協議会において、高エネ研南側未利用地の説明があり、これまで行ってきた当該土地の利活用に関するサウンディング型市場調査や都市計画変更の検討調査の結果の概要と今後の進め方について伺いました。
 現在は、この未利用地については全体利用を前提とした民間主導による事業提案を募集しているところですが、そこで次のことをお伺いします。
 ア 今回の募集期間は、2019年4月26日から2019年7月5日までと、募集期間の途中ですが、現在、提案の連絡又は申込みの意思があった事業者はありましたか。
 イ 土地の利活用に向けてサウンディング型市場調査を実施したときの参加事業者から、この未利用地について再度問合わせがありましたか。
Copyright(c) 2009- つくば市議会 Tsukuba City Council. All Rights Reserved.