現在位置 :トップページ › 会派代表質問・一般質問一覧要旨

会派代表質問・一般質問一覧要旨

会議名 令和元年6月定例会
質問日 令和元年6月19日
区分  (一般質問)
議員名 木村清隆
(つくば政清会)
 会議録を表示
1 中小企業振興基本条例について
 つくば市の地域経済の中核を成す中小企業が活力を失うことは、地域社会を衰退させることにつながります。そのような事態を防ぐためにも、中小企業の振興を、つくば市の地域振興における重要な行政運営の柱とし、中小企業振興施策を積極的に推進し、つくば市経済を活性化させ、あわせて、市民生活の向上を図るため、中小企業振興基本条例の制定に関し、以下について伺います。
(1)中小企業振興基本条例制定の市の見解
(2)中小企業振興に関するこれまでの取組
(3)中小企業振興に関するこれからの取組
2 会計年度任用職員制度について
 平成29年5月11日、地方公務員法・地方自治法の一部が改正され、これまで地公法3条3項3号(特別職非常勤職員)、第17条(一般職非常勤職員)、第22条2項・5項(臨時的任用職員)を適用して任用され、つくば市に働く多くの方々は、新たに「会計年度任用職員」という名称で任用され直すことになります。令和2年4月1日施行に向け、つくば市でも条例や規則の改正手続きが必要です。本来であるならば、遅くとも平成31年3月議会までに条例や規則等の制定・改正が行われ、平成31年春から「会計年度任用職員」の募集活動に必要でした。しかし、現時点において条例や規則の制定・改正手続が行われておりません。市の考えと具体的な取組に関して、以下詳細に伺います。
(1)会計年度任用職員制度の条例・規則の改正制定に関する市の考え
(2)平成31年春から「会計年度任用職員」の募集活動の取組
(3)会計年度任用職員制度に関するこれからの取組
Copyright(c) 2009- つくば市議会 Tsukuba City Council. All Rights Reserved.